自分の見解と他人の意見。

それだけでも充分、自分を知ることにはなるのですが
わたしはさらにもうひとつ、
とても大事な要素があると個人的に思っています。


3.「なりたい自分」。


何事にも一番大事な、目標ってやつです。

何でもいいんです、例えば漫画や小説の登場人物。
憧れのモデルさんや女優さん。
身近な人でもいるかもしれないし、
もしかしたら自分の想像の中でも作れるかも。

こんな人になりたいなあ、って誰しもあります。

さて。自分はその人にどれくらい近づけていますか?


「そんなの、なれる訳ないじゃん!」
じゃあ、いい女にはなれません。
なるんです。努力するんです。

大事なのは、見た目だけじゃなく
中身も「こうありたい」と思える人を見つけること。

見た目を完全に近づけるなんて不可能です。
でも、雰囲気は自分でもつけられるかも。
完全に憧れる人の性格になれるわけありません。
でも、近づくことはできるかも。

もしかしたら見た目と中身で違う人を尊敬するかもしれない。
じゃあ、それぞれのいい所をどんどん取り入れましょう。

まずは、なりたいなと思う人をとにかく知ること。
どうして素敵なんだろう?


自分が分析した自分。
他人が見てる自分。
目標とする、なりたい自分。

全部満足するくらい一致する人なんて、
わたしはゼロだと思います。
ゼロでいいんです。

それを、どれだけ同じに近づけるか、
どれだけ努力するか、
その過程が一番大事だし、
なりたい自分が決まっていれば迷いません。



これって、自分自身のイメージ作りにもすごく重要になってきます。

また別の記事でイメージ作りについては掘り下げますが、
とにかく、イメージって大切です。

目標とする人がいて、
こんな人になりたい!って努力する中で、
周りからの印象がだんだん変わって
褒め言葉だったり自分への意見も変わってきて、
目標に近づいたなって実感できる。




目標に近づくためには
まず何が違うのか、現在の自分を知らないといけないし、
他人から見た自分も知らないといけない。

目標、周りからの評価、自分自身の評価。
それを出来る限り同じに近づけるように生きるのが
「自分を知ること」ではないでしょうか。