わたしハルコは、勝手に自分の色を
「黒、赤、ゴールド」にしちゃってます。 
なりたい自分の色です。
 
コーディネートはモノトーン中心で赤とゴールドが差し色だったり、
小物はだいたい赤だったりします。

なぜこの三色なのかというと、

黒→自分のイメージのベースカラー。
  落ち着いていて冷静な色気のある女性になりたい。
  また、常に身につけても疲れない。 

赤→自分のイメージのセカンドカラー。 
  エネルギッシュに動きたい、落ち着いたりせずに
  自己実現に動いていたい。赤のエネルギーがほしい。
  女性の象徴の色が似合うようになりたい。

金→わたしの理想。
  ゴールドに負けないくらい輝きたい。 
  金メダル、一番、を目指したい。

だいたいこんなイメージでこの三色にしています。


コーディネートで困ったら黒、
何にでも合うし疲れない色です。
上質な黒が似合うように精進もできます。

バッグやiPhone、ネイルなど、
目に入りやすい小物は赤にしています。
いつでも目に入れて、赤がくれる
強い行動的なエネルギーがほしいので。
ネイルはずっと濃いはっきりした赤のワンカラーです。

たまに赤を身につけていることに疲れて、
爪が目に入ると「まだ頑張らなきゃいけないのか・・」
ってため息をつきたくなることもありますし、
淡い青なんかが恋しくなったりもします。

でも、今のわたしは頑張りどき!と
それでも赤は変えません。
赤は強い色なのでこうして疲れてしまうこともあります。笑

そしてゴールド。
アクセサリーはぜったいゴールドにしています。
金メダルのイメージだったり、
てっぺんで輝いているものの象徴だと思っています。 

手が届くかは別として、いつでも
ゴールドのように輝く、一番を目指していたい。
ゴールドはわたしにとってあこがれの色です。


と、こういったイメージでわたしは自分の三色を決めました。

こうなりたい、や、色の力がほしい、など、
理由はそれぞれですが
このようにその色を選ぶ理由があって身につけて、
それが周りからの自分のイメージにも変わっていけば

いつかは「なりたい自分」 に近づくひとつの手段だと思います。