自分の後ろ姿。
見るのはちょっと難しいかもしれません、
ただ、普段意識しないからこそ大事にしてほしいのです。




背筋を伸ばして胸をはって堂々と歩く。

そうするにはちょっとした意識付けと、
今日は決まってない・・と思う日も変わらずしっかり前を向いて歩くこと。
歩きスマホも、周りから見て美しくはないので、
あまりしたくないところです。


猫背の後ろ姿はとても自信なさげに貧相に見えます。
どんなに素敵な服を着ていても。


そしてもうひとつ。

足はきれいに前に出ているでしょうか?
きれいに着地できているでしょうか?



女性の後ろ姿で意外と見られているのは、
足の運びです。



ガニ股じゃありませんか?
かかと、引きずっていませんか?

つま先が外に向かっていたら、
どすんどすんと、どうしてもがさつな歩き方に見えてしまいますし

かかとや足をずりずりと地面から離さずに歩いていたら
きれいになんて見えるはずもありません。


後ろ姿から、これってよーく見えてしまいます。


また、ヒールを履いたとき、
きれいに歩けている自信はありますか?


ヒールを履いたときこそ、
バランスがとれなくなって猫背になってしまったり
高いかかとをひきずってしまったり
階段を下りるとき、ダンダンと大きな音をたててしまったり
つっかけみたいにパカパカと歩くたびにかかとが外れてしまったり。

また、よく見かけるのが
着地の瞬間、無意識にバランスをとろうとして
かかとが左右にぐにゃぐにゃ揺れている人。
これは自分じゃ気づけません。
けれど、周りからはばっちり見えてしまいます。



きれいに歩けないのなら、ヒールなんて履かないほうがマシです。



また、こういった歩き方になってしまうのは、
そのヒールの靴が合っていない、
もしくはまだヒールの歩き方の訓練が足りない
のではないでしょうか?


ヒールを履いたときこそ要注意。
猫背の歩き方しかできない、
きれいに歩けないのであれば

そのヒールを履くのはちょっと待ってください。


もっと自分に合った歩きやすい靴があるはずですし、
もっと低いヒールから訓練し直してみてください。


ヒールは女性をさらにきれいに見せる素敵なアイテムです。


だからこそ、きれいに履きこなせるようになって、
どの方向から見ても「素敵な女性」になりませんか?


また、ヒールを履いたときでなくても
あまりコーディネートが決まらなかったときも

それを気にさせなくなるように、
きれいな姿勢で歩くことを徹底したいですね。